応用行動分析(ABA)のおうち療育はいつから始めていつ終わる?

私の経験からですが、応用行動分析をあなたの子育てに活用するのは、今からでもOKです。

というのも、応用行動分析自体は心理学なので、私は自分の子育てで、我が子が0歳の時から活用しています。

ですから、あなたも今すぐに始められますよ♪

 

ただ、いきなりだとあなたも気後れしてしまいますよね💧

では、このお話はどうでしょうか。

応用行動分析だけを活用したおうち療育は、せいぜい小学2年生までです。

 

つまり、幼児期こそ、応用行動分析を活用したおうち療育や子育てをなさることを私はお勧めしたいのです。

お子さんが、小学生になり、学齢期に突入すると、どうしても応用行動分析だけのおうち療育は色褪せてしまいます。

だからこそ、応用行動分析をあなたの子育てに活用したいのであれば、できるだけお子さんが幼いうちが良いのです。

 

その活かし方ですが、今から以下の7日間無料メール講座に登録なさることで、たった7日で学べてしまいますよ😊

これまでに、多くのママさんが活用なさっているのでお勧めです♪

10分間おうち療育®️7日間無料メール講座

 

 

応用行動分析とは?

応用行動分析とは、心理学の一つです。

心理学ですから、そう特別なことではないですよね。

応用行動分析は、自閉症スペクトラム(ASD)のお子さんの療育に効果的だと言われていますが、私は、ASDのお子さんだけではないことを十分知っています。

そして、発達に心配があってもなくても子育てに活用できることも実証済みです♪

 

私たちの受けてきた子育てとは正反対なのが応用行動分析を活用した子育てです。

ここは、あなたも実感しているかもしれませんね。

 

ママさんたちがよくおっしゃる言葉の一つに「子どもの気持ちが分からない」というものがあります。

つまり、お子さんの気持ちが分からないからこそ、ママさんたちは行動が止まってしまっているのです。

 

じゃあ、どうすれば行動できるのか。

それは簡単な話です。

あなた自身がお子さんの気持ちを知ろうとすることを止めれば良いのです。

 

みんママ

えぇ!!!そ、そんなことできませんよ〜💧

あづみ

人の気持ちって、私たちは「推測」しかできませんよね。
だからこそ、お子さんの「気持ち」ではなく、「行動の原因」を明らかにするのです。

我が子の気持ちを知ろうとしても、憶測にしかすぎず、我が子の本心は分からないままです。

応用行動分析は、心理学であるものの、相手の気持ちに注目するのでなく、相手の行動を見て、その原因を探るのです。

 

詳しくは、先ほどご紹介しました7日間メール講座に書いてありますので、メール、および動画で詳しく学んでみてくださいね。

10分間おうち療育®️7日間無料メール講座

応用行動分析が効果的な時期はいつ?

療育を始めるなら、2歳くらいからでしょう。
それより前だと療育機関での受け入れを断られる場合もあります。

でも、私がお伝えしてる10分間おうち療育は、0歳からスタートできます。
しかも、療育機関と違って「空き待ち」もありません
その上、あなたの目の前で、お子さんが成長していくのです。

こんなに嬉しいことはありませんよね?

 

お子さんのためにも、そしてあなたのためにこそ、応用行動分析を活かしたおうち療育をできるだけ早めに、そしてゆっくりで良いので進めてくださいね😊

その理由は、というと、応用行動分析のみを活用するのであれば、やはり就学前までがタイムリミットです。

その理由は、お子さんの心の育ちに関係しています。
応用行動分析だけをストレートに活用できるのは、お子さんの心がまだあなたのところにある時期までです。

小学生になると・・・お子さんにとって社会が広がりますし、ギャングエイジからその先の思春期に進んでいきます。

これは、お子さんにとって、素晴らしい成長なのですが、応用行動分析だけを活用していくことはだんだんと厳しくなってくるのです。

 

あなたが今できること

先ほど申し上げました通り、応用行動分析だけのおうち療育には限界があります。

しかしながら、応用行動分析の考え方は、あなたにとって一生モノの価値になります

発達障害の子育てにはもちろん活用できるのですが、そうでなくても活用できる場面は多いのです。

なぜなら、もともとは療育のためのツールではなくて、心理学だからです。

 

ですから、まずはあなた自身が応用行動分析を学び、子育ての中で活用の仕方を身につけながら体得していく、という流れが最良です。

時々、知識だけに留まってしまったり、知識はあるけれどどう活用したら良いかあやふやなままになってしまったりしているママさんをお見かけします。

応用行動分析を体得するのは、一人ではどうしても時間がかかったり、できなかったりしてしまうのです。

これでは、この先のあなたの子育ての時間、そしてお子さんの成長に良い影響があるとは思えません。

 

応用行動分析で子育てをしたいと思うのであれば、ペアレントトレーニングを受けることをお勧めします。

私の個人レッスンを受けてくださった、あるいは今も受けてくださっているママさんたちは、皆さん、体得なさっていらっしゃいます。

だからこそ、目の前にやってくる子育ての悩みに適切にアプローチできるのです。

 

応用行動分析を活用する育児は、終わりがありません。

一生使えるようになるモノですし、育児に留まらず活用できますよ。

 

 

今日も最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

あなたの「いいね!」をシェアしよう!